介護職員初任者研修では介護に関わる基本的な技術などを学びます。そのため、介護に携わる、その第一歩と言えます。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員初任者研修について

介護職員初任者研修で未来に備える
日本は先進国の中では前例がないほどの速さで高齢化が進んでいます。そのため、個人で老後の生活を考え健康管理を行うことが求められていますが、介護や支援が必要になるということには、やむを得ずそうなるということも多いです。そうした状況の中で、介護や支援をする技術、知識を有している人を育成することは社会的課題であるとも言えます。介護職員初任者研修は、介護の技術、知識の基本を学ぶための研修であり、介護に携わるための基本、第一歩です。

介護職員初任者研修と言う言葉は、聞き慣れない言葉だと言う方も多いかもしれません。しかし、ホームヘルパーと言う言葉は聞いたことがあると言う方も多いはずです。ホームヘルパーは、要介護者、要支援者の自宅に訪れ、生活援助や身体介護を行う専門職です。そのホームヘルパーには階級があり、級によって仕事内容やできること、有している知識などに差がありました。より質の高い介護職を育成するために、介護職の呼び方や仕事内容を統一しようということが、数年前に決まりました。そのため、ホームヘルパーと言う呼び方や仕事は、介護職員初任者研修という呼び方に統一されたと言う具合です。なお介護職員初任者研修を修了すると、ホームヘルパー2級の所持者と同じ技術、知識を有していることになります。

介護には、絶対的に資格が必要というわけではありません。家庭の中でも、家族の方を介護されている方はたくさんおられます。施設などの現場でも、資格を所持していない方はたくさん働いておられます。しかし、介護職員初任者研修で、より専門的な、理論に基づいた介護技術の一部、高齢化に伴い出現するありとあらゆる現象についての知識や、介護に関しての知識を少しでも学んでおいた方が、何よりも介護する本人が身体的、精神的にとても楽になります。また、介護職に就こうと言う場合でも、介護職員初任者研修を修了していれば、資格を持っていない人に比べると待遇面で優遇されます。そして規定された日数以上、介護の現場で働き、実務者研修と言う研修を修了すれば、国家資格である介護福祉士の受験資格を得ることもできます。つまり、キャリアアップをするのにも非常に有利に働くのです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.