介護職員初任者研修は、通信教育や、自治体、福祉施設が開催している研修などで学ぶことができます。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員初任者研修について

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修では、介護に関する基本的な技術や、障害や老化、認知症などの要介護、要支援者を取り巻く様々な状態についての知識を学ぶことができます。また、介護保険や日本における福祉制度などについても学ぶため、特に介護の必要性に迫られていないという人でも、知っておいて損にはならない情報を知ることもできます。介護職に就く場合、絶対的に必要な資格ではありません。しかし、介護職でのキャリアアップを目指すのであれば、必ず研修を修了しておかなくてはいけませんし、採用面や待遇面で優遇されることも多いですから、修めておくべき研修と言えます。

介護職員初任者研修は、様々な手段で受けることができます。まずは通信教育です。この場合、自分のペースで勉強を進めることができます。ただし研修は座学だけではなく、介護技術を実際に行う演習も含みます。ですから、その場合は指定された場所に出向かなければいけません。指定された場所が通いやすいこと。また、通信についてもきめ細やかなサポートをしてくれるところを選ぶと、研修を修了しやすいです。また、自治体や福祉施設などが定期的に研修を開催していることも多いです。特に福祉施設による研修では、実際に現場で働いている人が講師であることも多いため、より具体的に様々なことを教えてもらえます。どんな方法で研修を受けたとしても、学ぶべきカリキュラム内容、そしてその総時間が130時間であることに変わりはありません。また、全カリキュラム終了時には、試験があります。その試験の点数が、各自治体によって定められた点数に届かなければ、研修修了は認められません。

介護職員初任者研修の学費には、雇用保険による教育訓練給付金制度を利用することができます。上限を10万円までとし、研修費用、いわば学費として支払った金額の20%の金額が戻ってくるというのがその仕組みで、雇用保険への加入歴が3年以上であることが、その第一条件です。他にも諸条件はありますが、条件に該当する方は、この制度を利用して、介護職員初任者研修を受け、介護についての知識や考えを深めるのも良いことです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.