平成25年にホームヘルパー2級が廃止され介護職員初任者研修が誕生しました。ヘルパーの基礎知識が学べる資格です。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修で未来に備える
お年寄りの介護を行うホームヘルパーは、超高齢化社会の日本でますます重要な存在になりつつあります。ホームヘルパーの初心者向けの資格といえば介護職員初任者研修です。耳慣れない人も多いかと思いますが、介護職員初任者研修は平成25年の春にできたばかりの新しい資格です。その前はホームヘルパー2級という名称で、ホームヘルパーの基礎を勉強できる資格として親しまれていました。しかし、介護に関係する資格が沢山あってややこしく、キャリアアップのプランが立てづらいことが人材育成の支障になっていたことから、いろいろな資格が整理されて介護職員初任者研修という資格が誕生したのです。

ホームヘルパー2級は、決められたカリキュラムを受けるだけで資格が取得できましたが、介護職員初任者研修はカリキュラムを受講したあとに筆記試験があり、その試験に合格することが資格取得の条件となります。介護職員初任者研修を取得すれば、ホームヘルパーとして勤務できる最低限の知識とスキルを所有している者とみなされ、デイケアセンター、老人ホームなどへの就職が有利になります。ホームヘルパーとしての勤務経験を積めば、介護福祉士資格取得への道も開けます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.