ヘルパーへの第一歩ともいうべき介護職員初任者研修は、未経験からヘルパーになりたい人は取ったほうがいい資格です。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

初心者にお勧めの介護職員初任者研修

介護職員初任者研修で未来に備える
ホームヘルパー入門編の資格が介護職員初任者研修です。未経験からホームヘルパーとして就職したい場合は、介護職員初任者研修を取得しておくと、就職率が高まります。未経験者でも資格を持っていれば採用してくれる職場は沢山あります。特に今介護業界は人材不足が深刻なので就職しやすいと思います。中には働きながら介護職員初任者研修の資格取得をサポートしてくれる職場もあるようです。介護職員初任者研修は通信教育でもテキストを買って受講できますが、スクーリングをする必要があります。合計130時間のカリキュラムがあり、認知症や老化、障害などの介護や福祉サービスについての理解度を深め、心と体のしくみやコミュニケーションスキルを勉強します。

カリキュラムの最後には総復習があり、筆記テストによって合否が判断されます。筆記テストは修了評価という形で一時間程度行われます。医療・介護系の資格スクールの介護職員初任者研修コースに入校すれば、最短だと一カ月くらいで取得できます。スクールの受講費用は7万円くらいです。医療法人が経営している医療系資格スクールも多く、スクールの修了者を対象に提携している医療施設や介護施設への就職を斡旋してくれる場合もあります。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.