介護職員初任者研修は介護職員としてのキャリアパスの第一歩です。介護職員は将来性があり、やりがいのある仕事です。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員への入り口介護職員初任者研修

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修は、ホームヘルパーとして働きたい人が最初に取るべき資格です。まず介護職員初任者研修を取得して、次に介護福祉士の資格を取り、そして認定介護福祉士になる、というのが理想的な介護業界でのキャリアパスです。キャリアを積めば責任のある立場になって仕事ができるのでやりがいが生まれます。給料もアップして充実した人生が送れます。介護職員初任者研修の受験資格はなく、学歴も年齢も性別も不問で、介護未経験者でも受験できます。

受験とはいっても、カリキュラムの受講がメインになります。ホームヘルパーに相応しい知識をカリキュラムを通して学び、実践的な授業で介護業界で即戦力として働くスキルが身に付きます。介護職員初任者研修を取得することで、特別養護老人ホーム、デイケアサービス、有料老人ホームなどに就職できます。2040年には日本人の3人に1人は高齢者になると言われています。そんな中で介護の仕事は非常に将来性がある資格です。高齢者が増えることで、自然と介護サービスの利用者も増えるからです。また、仕事としてだけではなく、自分の親を介護しなければならなくなったときにも、介護職員初任者研修の知識を生かせます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.