介護職員初任者研修を受講すれば、ホームヘルパーとしてグループホームなどに勤務するときに役立ちます。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

ホームヘルパーになるなら介護職員初任者研修を取ろう

介護職員初任者研修で未来に備える
身体が不自由なお年寄りや障がい者の身の回りのサポートをするのがホームヘルパーの仕事です。ホームヘルパーは大変な仕事だと言われていますが、同時にとてもやりがいがある仕事です。基本的な仕事内容は、身体介護サービスと生活援助サービスに分けられます。身体介護サービスは、着替えの手伝いや、排せつや入浴の介助、食事のサポートなどを行います。生活援助サービスは、買物の代行や、掃除、洗濯、料理など、家事的な仕事がメインになります。仕事先はグループホームは有料法人ホーム、療養型病院などがあります。

ホームヘルパーは初心者OKで募集している所も多くみられますが、資格を持っていると採用されやすく、採用されると資格手当が出たりするので有利になります。ホームヘルパーの資格といえば介護職員初任者研修です。ヘルパーになる人のほとんどが、介護職員初任者研修を受講して資格を取得しています。この資格はもとはホームヘルパー2級という名前で普及していて、2013年に介護職員初任者研修として生まれ変わったばかりです。資格は通信教育講座+スクーリングや資格スクールで取得できます。早く取得したい人はスクールがおススメです。早ければ一カ月程度で取得できます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.