介護職員初任者研修を受講して資格を取っておけば、介護・福祉施設等で体が不自由な人の介護をする仕事に役立ちます。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

初心者でも取れる介護職員初任者研修

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修は、介護の仕事を目指している人のために用意された資格です。介護初心者のための資格で、平成25年4月にホームヘルパー2級から変更されたものです。ホームヘルパー2級は廃止されましたが、介護職員初任者研修を持っていればホームヘルパー2級と同じレベルと認められ、福祉・介護施設で仕事をするときに役立ちます。介護職員初任者研修は、ホームヘルパー2級よりも即戦力として役立つ人材になれるようなカリキュラム内容に変更されています。

ホームヘルパーになれば、有料老人ホームや身体障害者施設などで、お年寄りや体が不自由な人の身体介助をしたり、レクリエーションなどの行事を盛り上げたり、また、直接自宅に出向いて生活のサポートをしたりといった仕事ができます。介護職員初任者研修は、自宅学習とスクーリングで取得できます。最後に1時間の筆記試験があり、それにパスすると修了証明書が発行されます。初心者でも学びやすいテキストで、学校では実際に介護の現場で勤務している介護職員などが講師として実技指導をしてくれます。今後さらに高齢化が進むことは確実なので、介護職員初任者研修の資格を取っておけば仕事に困ることはないと思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.