常勤ヘルパーや登録ヘルパーとして働きたいなら、介護職員初任者研修を取得すれば待遇が有利になります。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員初任者研修を取って介護の仕事をしよう

介護職員初任者研修で未来に備える
ホームヘルパーは訪問介護員とも言われていて、介護を必要としている体が不自由な人のために、身体や身の回りの世話をするのが仕事です。訪問介護というと、要介護者がいる自宅に訪問して介護するヘルパーというイメージがありますが、グループホームや有料老人ホームなどで勤務している人でもホームヘルパーと言います。施設に勤務しているホームヘルパーと「常勤ヘルパー」、在宅介護サービスを希望している要介護者の家庭に訪問して働くホームヘルパーを「登録ヘルパー」と分けることができます。どちらになるにしても、取っておくと便利なのが介護職員初任者研修です。介護職員初任者研修を持っていれば、常勤ヘルパーや登録ヘルパーになって、介護のプロとして仕事ができます。

介護職員初任者研修がなくてもヘルパーになることはできます。しかし、介護職員初任者研修があれば仕事内容や待遇が違います。特に登録ヘルパーは、介護職員初任者研修を持っている人のほうが優遇され仕事が多く回されます。無資格で登録しても、ほとんど仕事が回されないのが実情です。介護の世界で給料をもらって仕事をしたいなら、とりあえず介護職員初任者研修を取得しておくことをお勧めします。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.