介護職員初任者研修は、介護の仕事に就いている人は勿論のこと、介護に関係のない人でも役立つ学びです。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員初任者研修について

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修とは、介護に関する基本的な知識や技術を学ぶ研修です。自治体や介護施設、また民間の教育会社などによって開催されています。どこで学んだとしても、カリキュラムの内容に違いはなく、現在のところではカリキュラムを全て受けると、130時間かかります。従来のホームヘルパー2級と同じ学習内容です。研修を修了した後には試験があり、その結果が、自治体が設定した基準に達していなければ研修修了は認められません。

介護職員初任者研修は、現在のところ、介護の学びの入り口と言う位置づけにあります。たとえば実際に介護の現場で働いている人の場合、この研修を受けることで基本的な介護の専門的知識、技術を有していると認められます。そのため、待遇面で手当てがついたり、無資格の人に比べると優遇されることが多いです。また介護の仕事ではキャリアアップが可能なのですが、それを目指すうえでも、介護職員初任者研修は受けておかなくてはならない、また受けておいて損にはならない研修です。たとえば国家資格である介護福祉士を目指そうと言う場合、この研修を受けていることで、介護福祉士試験受験資格を得るために必要な実務者研修という研修の受講時間が、大幅に削減されます。

また自宅で介護をされている方、あるいはまったく介護とは無縁の生活を送っている方でも、受けておいて決して損にはならない研修とも言えます。たとえば、ボディメカニクスという、効率の良い体の動かし方、ひいては介護者に負担のかからない介護の方法や、様々ある認知症の種類。その種類によって異なる症状の出方や、対応の仕方、心がけるべきこと。更には、生活の中、たとえば介護のために住宅リフォームを行いたいと言う際に、どんな制度によって、どこまで援助が出るのか。また、誰に相談をすればいいのかと言った、生活に根差した知識も学ぶことができます。ですから、何かを学びたいと考えている人には、介護職員初任者研修はとてもおすすめできる学びです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.