夏に介護職員初任者研修を修了して、訪問介護で働いています。研修で使用した教科書や知識を総動員しています。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員初任者研修を修了して訪問介護をしています。

介護職員初任者研修で未来に備える
今年の6月から介護職員初任者研修を受けて、8月初めに研修を終了し、9月から働いています。私は介護の仕事には本当に初心者でしたが、この研修を受けて、介護とはどういう仕事かいちから教わりました。印象としては、介護分野もいろいろと倫理や考え方が進んでいるなと思ったことです。講師の先生方も、私が通った通信の学校は、とてもおもしろい授業をする人ばかりで、一日7時間、みっちりの講義も楽しく学ぶことができました。

介護職員初任者研修では、後半に実技の勉強もしました。基本的なことを教わるので、現場ではなかなかそのまま使えないと聞いたのですが、実際現場にでてみると、意外と使えたりしています。ヘルパー2級と違って、実地研修はなくって、テストがありました。テストがあるとプレッシャーができて勉強するので、よいかと思います。いまは登録ヘルパーとして、訪問介護をしていますが、この研修を受けていたのですんなりと仕事に入ることができました。施設では、先輩職員がいていろいろと教えてくれるのかもしれませんが、訪問の場合は、一度先輩についてきてもらって2回目からは突然身体介護をしなくてはいけないのでもちろん緊張しますが、研修を受けている知識を総動員して頑張っています。研修で使用した教科書を今でも開いて勉強する毎日です。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.