介護職員初任者研修とは、介護職にとっての基本的な知識や技術を学び資格を取るものです。介護職員への第一歩です。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員初任者研修は介護職の一歩

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修とは、以前(平成25年3月)まで、ヘルパー1級、2級などと呼ばれていた資格を取る為のものです。法律が改正されて、ヘルパー1級などと別々だった資格が一元化されました。まだまだヘルパーといった言葉の方が有名で、介護に興味や関わりがない方には、そうした改正があったことも知らない方が多いと思います。私自身も介護(福祉)の仕事をしていますが、改正前にヘルパー2級を取得していたこともあって、資格に対する興味も薄れていて、法律の改正等も最近やっと理解できてきたようなものです。

そして、この資格は介護職員として働く上で基本的で、わりと簡単に取れる資格なので、受講者は多いと思います。介護職員は、資格がなくても働ける事業所も多いですが、やはり、こうした資格を持っていると信頼度が上がり採用されやすかったり、時給や給与に差がある事業所が多いです。その為、介護職員として働きたい方の第一歩と言っても過言ではありません。

近年では、少子高齢化で介護職の求人は多く注目されている職種でもありますので、老若男女が受講しています。そして、この資格を取って、実務経験を積んだ上で、更なるステップアップとして介護福祉士や社会福祉士が存在しています。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.