介護業務を担当する知識が得られるのが介護職員初任者研修です。資格を取れば介護福祉士への道が開けます。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護で働くなら介護職員初任者研修

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修とは、介護職でキャリアを積みたい人が最初に取得する資格です。2013年に「ホームヘルパー2級」から移行した資格で、勉強することでホームヘルパー2級と同等の知識を得ることができます。介護職員初任者研修は「研修」という名称の通り、決められた研修を受けることで受験資格が得られます。研修は介護職員としての基礎知識、介護への取り組みかたなどの他に、車椅子介助や入浴介助のしかたなど、本物の道具を使っての実践的な授業もあります。研修の終わりには総復習程度の筆記テストがあり、それに合格することが正式に介護職員初任者研修を修了した証となります。テストに万が一不合格になった場合でも再テストが認められている学校もあるようです。

介護職員初任者研修は資格スクールなどの通学すれば最短一カ月程度で取得できます。介護職員初任者研修はホームヘルパーの登竜門的な資格で、これを取得してホームヘルパーとして福祉施設に勤務すれば、国家資格の「介護福祉士」にステップアップができる道が開けます。介護未経験から介護職員初任者研修→介護福祉士になるには、福祉施設などでの勤務経験3年以上と国家試験の合格が条件となります。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.