介護職員初任者研修は介護ヘルパーになるのに受けておいて損はない研修です。スクールへの通学や通教で取得できます。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

未経験から受講できる介護職員初任者研修

介護職員初任者研修で未来に備える
高齢者の身の回りの世話をするのが介護ヘルパーです。介護ヘルパーは、介護を仕事にしている介護のスペシャリストともいうべき存在です。介護ヘルパーが身体介護を行うことで、要介護者の家族の負担が減ります。介護ヘルパーになるのに必要な資格は特になく、誰でもなることができます。特に家族に要介護者がいて介護になれている人なら、抵抗なく介護ヘルパーになれると思います。まったく要介護者と触れ合ったことがない未経験者でも、グループホームなどに就職して介護経験を積んでいる人もいます。

ただ、未経験者が介護施設などに就職する場合にとっておいた方がいい資格というのがあります。それが介護職員初任者研修です。介護職員初任者研修は、介護未経験者が介護職員になるために受ける研修です。必ず受けなければならないという決まりはありませんが、受けておいた方が介護施設に就職したときに責任ある仕事を任せられますし、給料も違ってきます。また、介護福祉士などにキャリアアップして介護業界でキャリアを重ねるためにも必要な資格です。介護系のスクールでは一カ月で研修が修了できる短期集中コースがあります。通信教育と通学のセットコースもあり、通学のみのコースより受講料がお得です。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.