ホームヘルパーの第一歩となる資格が介護職員初任者研修です。資格取得で介護福祉士へのキャリアアップが可能です。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

ヘルパーの第一歩介護職員初任者研修

介護職員初任者研修で未来に備える
未経験者からホームヘルパーとして介護施設や医療施設などに勤務したり、ボランティアとして社会貢献したりする場合に、介護職員初任者研修のカリキュラムを受けて資格を取得しておくととても重宝されます。無資格未経験でもホームヘルパーの仕事はできますが、無資格未経験者は時給が安く、雑用程度の仕事しか回ってこないこともあります。しかし、介護職員初任者研修を修了していれば、それなりに介護らしい仕事を任せてもらえて、高待遇で働ける職場が多いです。

また、介護職員初任者研修は、介護職員としてキャリアを積むためのスタートとなる資格でもあります。資格を取って実務経験を積めば、国家資格の介護福祉士になれるチャンスが生まれます。介護職員初任者研修は年齢も学歴も職歴も関係なく誰でも受講できます。介護系資格スクールでは、随時生徒を募集しています。スクーリングは土曜日か日曜日のみ、夜間のみなどのコースがあり、社会人でも受講できます。受講料はスクールによってばらつきがありますが、7万円〜10万円くらいが相場です。研修後の就職サポートが万全だったり、就職後にもアフターケアをしてくれたりとスクールに通えば沢山のメリットがあります。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.