介護職員初任者研修という資格があります。昔でいうところのホームヘルパーというものなのです。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員初任者研修というものは

介護職員初任者研修で未来に備える
平成25年4月から、訪問介護員養成研修、要するにホームヘルパー資格が、介護職員初任者研修という名称になったのですが、要するに介護をするときに求められる資格です。但し、別に必須資格ではありませんから、そのあたりは勘違いしないことです。要するにこれがないとできない、という業務はないです。しかし、大半の介護業者ではこの資格を持っている人を雇うことにしていますから取得しておいたほうがよいです。これから、介護の仕事に従事しようと思っているならば、取得しておいて損のあるものではないです。

ちなみになくても雇ってくれるところはいくらかあります。しかし、入社後に確実に取得させられます。遅いか早いか、ということだけです。ちなみに資格の取得費用をいくらから補助してくれる自治体もあります。それだけ介護の職員が欲しい、ということです。肝心の学習内容なのですが、教室に通うこともありますし、自宅学習であることもあります。しかし、スクーリングは行うことが必須です。最短で1ヶ月もあれば、介護職員初任者研修を取得することが可能です。別に難しい資格ではないのですが、有用性は高いですから、お勧めできることは間違いない介護資格です。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.