介護の仕事をしようと思っているのであれば、介護職員初任者研修というものをまずは取ることになります。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員初任者研修という資格について

介護職員初任者研修で未来に備える
介護業界で働くためには、実は資格は必須ではないのです。何故かといいますと一番下っ端の介護職員でいいのであれば、法定資格を持っていないと出来ないこと、ということをしないからです。しかし、資格があったほうがよいことは確かです。まず、介護職員初任者研修というものを取ることになります。これは昔でいうところのホームヘルパー二級です。ホームヘルパー2級との違いというのがいくつかあります。まずはカリキュラムがそれなりに違ってきています。ホームヘルパーは在宅介護が基本だったのですが、介護職員初任者研修では、在宅介護も当然カリキュラムにはあるのですが、最近急増している施設介護のほうのカリキュラムも増えています。さらに、ホームヘルパーの資格では30時間の実習があったのです。

これは実際に介護施設にいったり、在宅介護のお宅にいって、研修をしたのです。これがなくなったのです。介護職員初任者研修では実技スクーリングはありますが、実務研修はなくなりましたので、そこが大きく違うといえます。ちなみに資格取得までの時間ですが、平日も通うことができるのであれば、最短一ヶ月で資格取得が十分にできます。土日のみであれば、大体、二ヶ月から三ヶ月くらいはかかります。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.