ハローワークの紹介で3か月の介護職員初任者研修を受講しました。何とか最終の実技試験と筆記試験に合格しました。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員初任者研修を終了しました

介護職員初任者研修で未来に備える
以前勤めていた勤務先から任期満了による解雇通知を受けました。そのため待期期間7日間で失業保険の受給ができる状況でした。すぐハローワークに行って受給開始の手続きに入り、同時に求職者支援法に基づく職業訓練も受けることにしました。パソコンの講習などありましたが、期間3か月の介護職員初任者研修を選択しました。30名が定員の学校で、まず小論文と面接試験があると知らされました。

指定された日に講習先で面接がありました。小論文は予想した題材通りでしたのですぐ書き終え、面接に臨みました。定員の30名には満たない20名でしたので、落ちることはあるまいと思いましたが、年齢のこともあり若干心配しました。幸い合格して退職後2週間ほどして入学式のような行事がありました。

面接で数名落ちていて最終は17名でした。20歳から60歳代までで、女性が10名、男性が7名という構成でした。その日の午後より授業が始まりましたが、介護の基礎から学ぶことが出来て有意義な体験でした。終了間際に特別養護老人ホームでの実習があり、デイサービスで2日、施設で1日そこの職員について従事しました。この体験で自分にはとても介護施設では勤まりそうもないと結論付けました。終了書だけはもらっておこうと思い、最後の実技試験と筆記試験は必死に勉強しました。

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.