私の研修した時代は、介護職員初任者研修ではなくてヘルパー2級という名前でした。この仕事は本当に重労働なんです。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員初任者研修の仕事について

介護職員初任者研修で未来に備える
10年前くらいに私も、旧ヘルパー2級の資格をとりました。現在は介護職員初任者研修と名前が変わりましたが、国家資格ではなく民間資格なので、資格を取るだけではすぐに就職できるといったものではありませんが、職種が職種だけに、人手の足りないところは多いようです。私も資格を取ったときには、すぐに働けるからと授業に通いましたが、いざ本当の介護施設に研修となったときに、自分にはできるだろうかと心配になってしまったことがあります。

介護士さんは、現場の経験を何年か積まないと資格がとれないようです。それだけ現場で学ぶことといったらたくさんあって、バイタルチェックの仕方から排泄の時の取りかえ方や、食事の見届けなどたくさん学ぶことがあって作業的なことだけでも覚えることがたくさんありすぎて大変だと思いました。作業以外にも利用者がおしゃべりをしたいときに、話し相手になったり、痴呆症の人の特徴を理解して対応しなくてはならなかったりと、本当に重労働です。

でも、その割には介護系のお仕事って時給とかお給料が安いんですよね。なぜなのでしょう。精神的にも肉体的にもきつい仕事だし、汚いこともやらなくてはいけないし、決して明るく楽しい仕事というわけではありませんよね。私は研修に行っただけで未だに老人介護の職に就いたことはありません。こういったことから資格を持っていても、この仕事に就くということは相当な覚悟がいるのです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.