介護職員になるには、介護職員初任者研修を受けていると採用確率が高まります。大変ですが頑張りましょう。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員初任者研修について

介護職員初任者研修で未来に備える
旧ヘルパー資格の名称変更で、新たに誕生したのが介護職員初任者研修です。基本的なカリキュラムには大きな変更はないのですが、それまでと比べるとより実務的なカリキュラムになっているようです。介護の仕事に就く上で特別な資格は要りませんが、やはり持っていると採用の可能性が高まります。お年寄りが相手の仕事ですから、何よりの慎重さと豊富な知識が求められるからです。

私は旧ヘルパー資格時代に取得したのですが、座学と実習はなかなか一筋縄ではいきません。とりわけ実習では、病院や老人ホームに出向き、これまでの成果を試せる機会です。食事介助や入浴介助、シーツ交換や排泄補助など…次々に課題が押し寄せるものです。常にそれに対応して行くのは大変なのですが、実習は全てが勉強なのです。今我が国では、将来訪れる高齢化に、介護職員の不足が懸念されています。また離職率も大きな問題となっていて、早急な対策が求められています。国が支援する介護職員初任者研修制度も機能していますが、それでも追い付いていない現状があるのです。見方を変えれば、まだまだ成長が期待される産業です。賃金や待遇を含め、働く希望が見出だせる介護業界であるべきです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.