介護職員初任者研修という資格は非常に期待できるものです。これからは介護の資格が大事になります。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員初任者研修という資格は

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修と言うのは、昔はホームヘルパーと呼ばれていたものです。それも二級に該当するものです。これは介護の仕事をするためには最低限、必要になる資格です。別に資格がないとできないこと、というのはないのですが、とりあえずこれが必要になりますから覚えておくことです。言うまでもありませんが、結構簡単に取得することができます。平日もみっちりと講義を受けるのであれば、二週間くらいで出来ます。土日だけですとどうしても二ヶ月くらいはかかることになりますが、それでも資格としては非常に簡単に取ることができるものであるといえます。ちなみにヘルパーのときと違って、実地研修がなくなった、ということが特徴として挙げることができます。これは人によってはよいことです。

或いはよくないことでもあります。その分、座学が増えたわけですし、その上、試験もやるようになったのです。この試験に合格しないといけない、というスタイルはヘルパー二級の時にはなかったのです。しかし、実地研修が二級にはありましたから、そのあたりのどちらがよいか、というのは人次第であるといえます。とりあえず介護資格の登竜門であることは確かなことであるといえます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.