介護職員初任者研修というものは、まさに登竜門的な資格です。最初に取るべき資格、ということです。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員初任者研修と言う資格はまさに

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修と言う資格はまさに介護資格の登竜門です。これから間違いなく介護の資格で最初に要求される資格になります。介護職員初任者研修というのは、講義を受けに行くタイプと通信制のタイプのものがあります。どちらでもいいですし、好きなほうを選ぶことです。そんなに難しい資格ではありませんから、自分の都合に合わせて好きなやり方にしたほうが楽です。ちなみにスクーリングは必須です。要するに実際にやってみる講義がある、ということです。介護者を移動させたり、抱きかかえたりする練習をするのです。ちなみに昔はホームヘルパー二級と呼ばれていた時期には実際の介護施設に研修に行ったのですが、それはなくなりましたので、そうした面倒なことはない、と思っていてよいです。昔はなんと三十時間もそれがあったのです。この介護職員初任者研修であればそうしたことがないです。

しかし、試験をやるようになりましたし、介護の練習をする講義自体は増えていますので、別にたいした違いがあるわけではないです。但し、カリキュラムは在宅介護を目的としたものが中心ではなく、施設介護系もかなり増えています。これが変わったことの一つです。ニーズに合わせたわけです。

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.