介護職員初任者研修の資格を持っていれば、ホームヘルパー2級と同等の知識がある人物として重宝されます。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護初心者向けの介護職員初任者研修の資格

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修はホームヘルパー2級から移行した資格で、誕生したばかりの新しい資格です。「研修」という名称の通り、決められたカリキュラムを受講して、介護の理解度や知識を学び、実技研修を受けることが資格取得の大事なステップとなります。ホームヘルパー2級の資格のときには、カリキュラムを受講しただけで資格取得ができました。しかし、新しくできた介護職員初任者研修は、カリキュラムの最終日に試験があります。それまで勉強したカリキュラムの総復習的な筆記試験で、この試験に合格することで、介護職員初任者研修の資格取得の認定証をもらうことが出来ます。

介護職員初任者研修を受講して資格を取得したということで、ホームヘルパー2級と同等の資格保持者という位置づけになり、介護業界への第一歩を踏み出せます。いま日本には沢山の介護施設、福祉施設があり、どこもスタッフ不足の状態なので介護職員初任者研修を持っていることで重宝される可能性があります。ホームヘルパーとして介護・福祉施設の正社員になったり、アルバイトやパート勤務をしたり、登録型ヘルパーとして一日2、3時間程度働いたり、自分の希望勤務時間や勤務形態にあった働きかたを選ぶこともできます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.