介護職員初任者研修は修了すると、待遇が良くなる、キャリアアップや就職活動に活かせるなどのメリットがあります。

介護職員初任者研修で未来に備える
介護職員初任者研修で未来に備える

介護職員初任者研修について

介護職員初任者研修で未来に備える
介護に携わる人の入り口としてあるのが、介護職員初任者研修です。全てのカリキュラムを終え、行われる試験を定められている点数で合格をすれば、研修終了が認められます。介護職員初任者研修はそのカリキュラムを修了するために、130時間を要します。こう書くと、とても長いように思われるかもしれません。しかし、実際に開かれている研修の多くは、カリキュラムを一日数時間に分けて、週に1〜2日のペースで、だいたい4〜5ヶ月かけて行われています。また座学だけではなく、実際に体を動かす演習ももありますから、働きながら、あるいは座学が苦手と言う方にも学びやすい研修と言えます。

介護職員初任者研修は、修了しておくと様々なメリットがあります。たとえば、実際に介護の現場で働かれている方は、これを修了することで資格手当がつくことが多いです。また国家資格である介護福祉士を目指そうと言う場合などの、キャリアアップを目指される際にも、非常に役立ちます。具体的に言うと、介護福祉士の国家資格を受験するには実務者研修と言う研修を修めなければならないのですが、介護職員初任者研修を修了していると、その研修のいくつかの科目が免除されます。

また、仕事を探されている方。少しでも介護の仕事に興味がある方にとっても、介護職員初任者研修の修了証書は、非常に有利に働きます。介護の現場は慢性的な人手不足ですから、資格がなくても歓迎しますという施設なども多いです。しかしその一方で、介護サービスの質を保つために、基本的な知識、技術を有していることを証明する介護職員初任者研修終了を条件として定めている施設なども最近では増加してきました。またこの研修の中で学ぶ内容には、自分や身近な人に介護が必要となった時、すぐにでも活用できるような知識もたくさん含まれています。ですから、機会があれば修めておくと、決して損にはならない研修だと言えます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017介護職員初任者研修で未来に備える.All rights reserved.